平成29年度 事業計画 平成28年度 事業計画 平成27年度 事業計画 平成26年度 事業計画 平成25年度 事業計画
平成28年度 事業報告 平成27年度 事業報告 平成26年度 事業報告 平成25年度 事業報告

平成24年度 事業計画 平成23年度 事業計画 平成22年度 事業計画 平成21年度 事業計画 平成20年度 事業計画
平成24年度 事業報告 平成23年度 事業報告 平成22年度 事業報告 平成21年度 事業報告 平成20年度 事業報告

平成19年度 事業報告

 平成19年度は、工学部にとって前年度大学院重点化に向けた改組・再編をスタートさせたのを契機に、新たな飛躍を目指す1年となった。
 工業会は独自の新規事業を盛り込んだ年次計画に基づき、更なる基盤強化と工学部への支援を積極的に進めた年となった。
1. 工学部への志願者増加対策などに積極支援
工学部志願者への応募要領などを新聞4紙に掲載。工学部からの要請に基づき、母校支援のための掲載料を支援。
また、工学部が展開する公開講座・オープンキャンパス・工学離れ対策・その他の広報活動にも積極支援。その他、工業会役員による出身高校訪問や進路担当教師等の紹介などの協力。
2. 総会・行書・講演会・講座などの開催
平成19年度通常総会開催(桐生市プリオパレス)
第1回ホームカミングデー:卒業後節目の年に該当会員を母校へ招待
特に学生対象に「先輩は語る」講演会:新商品開発物語・先端技術の紹介
科学技術論講座:若手の卒業生による在校生への講義
群馬大学公開講座へ開催協力と支援
“工学部のしだれ桜”を観る会・工学部留学生招待茶会
3. 工学部卒業生のキャリアーを生かした新規事業展開準備
社会で活躍するOBの更なるの把握、企業懇談会の活用、企業合同説明会での企業内卒業生の在籍リストの入手などを通じ、各分野での技術エキスパートを発掘し能力の活用を計る新規事業の準備。
4. 「工業会特別事業資金」の有効活用
使途を3区分(工業会関係・学生支援関係・大学支援関係)し、それぞれに予算を設定。“しだれ桜”養生費用を除けば、予算内で有効に支出。
5. 財源の確保
特に、「学生10年会費納入会員」に「特別措置10年会費制度」の趣旨・内容説明書を送付し納入方を依頼した。結果、ほぼ予算に見合う収入があり、増収対策が効果を上げた。
また、対象者への文書連絡により、会員各位の住所把握が、より正確に出来たため会員名簿の精度アップにもつながった。平成20年度も当増収対策は継続する。
6. 支部創設・休眠支部の立ち上げ
本年度は宇都宮支部、小山支部を立ち上げ、それぞれ設立総会を開催した。
7. その他
各連合支部・諸支部は各々に特色を生かし益々活発な活動を展開している。独自の企画で工場見学会、講師を招聘して講演会、趣味の会やレクリエーションなどを実施した。
情報・データ送付先 情報・データ送付先