群馬大学 工学部(平成1年〜平成21年)
年 代
出 来 事
平成 1年
工学部創立75周年記念事業実行委員会の設置(63年6月準備委員会発足)。右田俊彦教授、工学部長に就任。群馬大学大学院工学研究科(博士課程)の設置。工学部学科改組再編、工業短期大学の廃止決まる。
平成 2年
副理事長(学内)に大澤善次郎教授(30C)就任。通常総会にて会則一部変更が承認される(会費の改正)。群馬大学工学部創立75周年記念式典の挙行。記念館改修、75年史編纂発行、75周年記念碑建立、戦没者慰霊碑の移築などが完了。
平成 3年
閑春夫教授(23C)工学部長に就任。
平成 4年
工業短期大学閉学。横塚勉教授(33E)副理事長(学内)就任。横塚秀男氏(19M)副理事長に就任。
平成 5年
赤岩英夫教授工学部長に就任。金谷善介理事長(10W)健康上の理由により理事長辞任。後任に塚越平人氏理事長に就任。本田孝太郎氏桐生商工学友会会長に就任。大本陽三副理事長逝去。
平成 6年
竹内研一事務員退任。かわって金子正次氏就任。第8代理事長 新井幸長氏 逝去。柄澤隆夫教授 副理事長(学内)に就任。通常総会にて会則の変更、役員改選承認。早川副理事長に代って本田孝太郎氏 副理事長に就任。
平成 7年
阪神大震災の義捐金募集。被災会員約70名(判明分)にお見舞い。平野克巳教授工学部部長に就任。
平成 8年
しだれ桜顕彰碑除幕式。佐藤正之教授(40K)副理事長(学内)に就任。
平成 9年
吉成敏郎氏事務局主任を退任。代わって、白石弘三氏(34W)を事務主任に就任。 閑春夫教授、工学部長に就任。コンピューターによる会員名簿管理を本格的に開始。会報発送を民間業者に委託。12月赤岩英夫教授が群馬大学長に就任。
平成10年
工学部同窓記念会館外装再塗装。町田周郎顧問(元工学部長)逝去。6月塚越平人理事長退任。関口陽二氏(17M)理事長就任。9月関口陽二理事長、一身上の事情で退任。橋哲氏(26W)理事長に就任。
平成11年
吉田武顧問(第17代理事長9M)逝去。根津紀久雄氏工学部長に就任。群馬大学創立50周年記念式典開催。工業会支部実態調査アンケート実施。工業会報に関する読者アンケート実施。台湾大震災へ見舞金送付(台湾支部長宛)。
平成12年
会報122号(3月発行)よりサイズを変更(B5⇒A4)。
平成13年
矢野由美彦教授が工学部長に就任。平成13年度工業会通常総会にて「工業会の21世紀に向けてのビジョン」としての活動理念及び行動方針承認。
平成14年
工業会仲介による市と工学部の合同懇談会開催。工業会主催故西田博太郎校長50回忌墓参会開催。橋哲理事長退任。五十嵐健雄氏(23E)理事長就任。常務理事に白石弘三事務長を選出。総合研究棟竣工式。
平成15年
本間重雄教授工学部長に就任。4月大正2年校舎建設時の現場監督山田太市氏の遺族が校舎の設計図、写真を寄贈。8月創立90周年事業開催についての打合せ始まる。10月米澤工業会との情報交換。
平成16年
5月工学部創立90周年記念事業開催日を平成17年10月8日(土)に決定。10月新潟県中越地震発生、被災者への募金活動。12月新潟県中越地震被災地視察。
平成17年
宝田工学部長就任。創立90周年記念行事開催(特別顕彰、記念誌刊行、記念会館展示資料整備、染料資料室整備)。中越地震被災者への見舞金送付。
平成18年
佐藤理事長就任。堀越勇次郎氏寄贈の円型ミラーズ編機移転展示。工学部年表作成、資料室展示。塚越顧問寄贈の八重桜記念碑除幕式。桐生祭り「まゆ玉ころがし」支援。
平成19年
大学院工学研究科および工学部の改組・再編記念式典。第1回「先輩は語る」講演会開催。第1回ホームカミングデー開催。工業会85周年記念講演会開催。
平成20年
戸叶理事長就任。小山支部再建。太田キャンパス竣工。関西連合支部設立。第1回工場見学会実施(サンデン)。中国支部設立。新大阪支部設立。
平成21年
板橋工学研究科長・工学部長就任。第1回太田キャンパス「桜を観る会」開催。創立100周年記念準備。

情報・データ送付先 情報・データ送付先