神奈川県連合支部 工場見学・講演会、懇親会 開催報告
開催日時:
平成22年10月22日(金) 13:00 〜 18:45

開催場所: JAXA(宇宙航空研究開発機構)相模原キヤンパス/住友スリ−エム・技術センタ−(CTC)
スケジュール:
(1) JAXA・相模原
  ―展示室、ロケット原寸大模型(屋外)、飛翔体環境試験棟 見学
(2) 住友スリーエム・技術センター ― 技術講演会、CTC内見学
(3) 懇親会    17.00〜18.30

参加者:
 (43名)
【東京連合支部】
 野尻理事・機械建設支部長
【厚木支部】
 関口23M、増茂29M、除村33C、赤石33E、高瀬33E,奥野36C、
 関根38C、時崎41K、谷口修43E、原田修44K、松下修46E、
 野中47E、横山49E、北原H02K
【平塚支部】
 堀越36E、吉田37C、関40C,志村47M、橋本47M、佐藤48S,
 長修50C,吉田修53C
【川崎支部】
 高部33W,小栗33C,川島38C,原51S
【横浜支部】
 清水26C、清水29M、高木28C、永濱30C,森下32M、岡田33M、
 望月35C、金子36W、木村37E、鈴木38W、原澤41M、長井47S、
 草場修45E、中里修60C、木村修H19N、市田博H20S

概  要 :
 心配された天候も回復、バラエティに富んだ見学会となった。
 JR淵野辺駅に集合、チヤーターバスでJAXAに定刻到着。20分程の紹介ビデオ(組織・歴代ロケット・キャンパスレイアウト)の後、ロケット屋外展示へ。
 予定外の防火訓練中で足止めされ、想定外の詳しいロケット(2台)説明のハプニング。団体見学者のみ可能な“飛翔体環境試験棟”へ。巨大空間ではあるが、理解出来る環境試験項目・条件であった。
 時間不足と期待の“はやぶさ”カプセル(実寸模型)が10月より貸出中のため、何時でも見学可能な展示室は割愛した。
 バススタ−ト15分遅れで住友3Mへ。
 ウエルカムドリンク。古藤CTCセンター長による“住友スリーエムの企業文化と開発体制”との技術講演。
 その後4班に別れ、コア技術とその応用製品展示ブース(約6〜7箇所)前で詳細な説明と熱のこもったQ&A。アチコチで爽やかな笑いと嘆声があり、参加者の見学期待度への満足感を感じた。実物の自動車等でコア技術の展開を見て、その恩恵を実感。
 小休憩後、同一建屋内での懇親会場へ集合。本年主幹事の厚木支部・野中支部長の司会で進行した。厚木支部の関口大先輩の変わらぬ元気な乾杯音頭。立食バイキングであるが、テーブル(4卓?)ごとに料理メニューが異なり、自然発生的に個人・グループを問わず、県下四支部間の交流が図れ、幹事冥利につきる。
 3M設営関係者に深謝。最後に、横山厚木副支部長が終宴挨拶。CTCセンター見学に尽力頂いた、3MのOBで厚木支部役員の奥野さんと本年度主幹事の厚木支部の皆様に感謝。       (文責:関根)

住友スリーエム・CTCにて
横浜支部の皆さん(淵野辺駅) 後15分です。(淵野辺駅)
ほぼ全員集合(淵野辺駅) チャーターバス(淵野辺駅)
JAXA展示棟到着 ビデオ視聴室へ
ビデオ視聴室@ ビデオ視聴室A
展示室内 ロケット屋外展示@
ロケット屋外展示A 組立室(飛翔体環境試験棟)
振動試験装置(飛翔体環境試験棟) ガラス越し(飛翔体環境試験棟)
予定外の防火訓練 住友スリーエム・CTC外観
以上

情報・データ送付先 情報・データ送付先