横浜支部 春の横浜散策のご案内 2010/2/23(火)掲載
横浜支部

 春の息吹をあちこち感じさせる今日このごろですが、皆様ご健勝でお過ごしのことと思います。
 群大工業会横浜支部では昨年に引き続き、今年も春の横浜散策を企画いたしました。今回は桜の名所である「称名寺」(写真)を、また行かれた方が少ないのではないかと思われますが「金沢文庫」で歴史散策をし、午後は近くの金沢八景の一つ「野島公園」で桜と海を見、16時から関内駅前の東京ガスクラブで懇親会を開いて楽しんでいただきたいと下記のように計画いたしました。同封はがきでお申し込みの上、どうぞお出かけください。

敬具


 日   時:
3月27日(土)10:00集合 (申込締切 3月20日)
(雨天の場合は中止、判らない場合は幹事下記TELに問い合わせください)

 集合場所:
京浜急行「金沢文庫駅」改札を出たところ付近

 散策ルート:
  1. <概況>赤門から仁王門までの間の参道が桜のトンネルとなり賑わいます。境内にある桜が庭園を彩り、大きな池と赤い反橋が目を楽しませます「称名寺」には国宝北条実時像等四代の画像や、重要文化財が数多くあります。境内に神奈川県立金沢文庫があり称名寺所蔵の文化財は、本尊弥勒菩薩像など一部を除いて、金沢文庫に寄託されています。

    ルート:金沢文庫駅より徒歩12分―桜のトンネル―仁王門―反橋を渡り―金堂―(桜道散策)−北条実時公御廟―県立金沢文庫(65歳以上入場料100円)。

  2. 赤門の近くにある「ふみくら茶屋」(045-784-1058)で昼食。―シーサイドライン「海の公園芝口」駅まで徒歩10分。(13:30頃着)

  3. 「海の公園芝口」―(シーサイドライン乗車2駅4分)―「野島公園」下車230円。徒歩6分で野島公園着。管理棟―伊藤博文金沢別邸(H21年10月一般公開、無料)見学―展望台(海抜55m)周辺の桜、海を見る。神奈川の景勝50選「野島の夕映」、広重「野島夕照」の地。のんびり散策。―「野島公園」駅 (1〜3で計10,000歩程度歩きます)

  4. 「野島公園」駅(15:02)―(シーサイドライン乗車)―新杉田―(京浜東北線)―関内(15:44) 460円、関内駅前の東京ガスクラブにて16:00〜懇親会。会費3,000円




 費   用:
交通費、昼食代、入場料、懇親会費等各自ご用意ください。途中飲み物等若干の補助が出ます。
 幹   事:
群大工業会横浜支部
  岡田 喜久夫(33M) 045-742-7404
  鈴木 高美(38W)   045-933-4293 090-7902-9630


以上
情報・データ送付先 情報・データ送付先